土佐錦魚の見方

1.見方

  1. 土佐錦らしさを持つ
  2. 品格を重んじ、味を尊ぶ
  3. 風格、力強さを持つ
  4. 筋が通り、素直さを持つ
  5. 渡りがあり、極まっている

2.尾

  1. 水平を基本として、たわみ、ひだ、重なり、尾先の上下動なく、もしくは軽度のもの
  2. 尾芯が通り左右対称にして、袋尾、ねじれ、つまみがないもの。
  3. 三つ尾が最良にして桜尾の軽度なもの。
  4. 渡りがあり、親骨が太く、付け根がせり出し、先に余裕があるもの。
  5. 金座が大きく尾をしっかりと押さえ、尾付けのよいもの。
  6. 反りは一文字が最良、及び折り舞。
  7. 朝顔の華麗なもの。

3.尾筒

  1. 尾筒は伸びがなく、つまりすぎないもの。
  2. 太くして、ふらつかないもの。
  3. おれのよいもの。

4.体

  1. 卵形を基本とし、後腹がはり、腹形のふくよかなもの。
  2. 尾筒・顔及び尾とのバランスがとれたもの。
  3. 骨格の太いもの。
  4. 鱗は細かく整然と並ぶもの。
  5. 背は高すぎず、中を得ているもの。(頭から背びれにかけて素直に伸び、盛り上がらず、尾筒にかけてしまりのあるもの)

5.顔

  1. 口が小さく上品なもの。
  2. 目先があり、目幅の適度なもの。
  3. 肉瘤ができていないもの。
  4. えらがこけていないもの。

6.鰭(ヒレ)

  1. 大きめで、素直で、曲がりのないもの。
  2. かじびれは二枚が最良及び1枚のもの。

7.色

  1. 濃いものが最良。
  2. 色と模様の名称を次のごとく大きく分ける
  • 黒の部=黒
  • 白の部=白
  • 赤の部=素赤、猩猩
  • 更紗の部=更紗、多赤更紗、多白更紗、背赤、背白、尾赤、尾白、腰白、面被り、面白、丹頂、窓、口紅、六鱗、大しぼり、小しぼり

8.泳ぎ

  1. 素直で、左右及び上下にくせのないもの。
  2. 静止時によく決めるもの。

9.手術

  1. 手術を要さぬ魚が理想である。
  2. 手術を施してまた芸術的魚を作出する。
  3. 術後痕跡が目につかなければ最良。
  4. 治療していれば差し支えない。

出展:日本土佐錦魚保存協会